コラム|【たにぐち歯科センタービルクリニック】大阪難波駅徒歩4分の歯医者

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

:10:00~13:00/14:30~17:00
休診日:日曜・祝日

〒542-0074
大阪府大阪市中央区千日前2-5-2
日本一歯科センタービル5F

  • 地図
  • メニュー

ホワイトニングとクリーニングの違い

皆さんこんにちは。

たにぐち歯科センターです。

 

歯科医院では、汚れた歯に対してホワイトニングとクリーニングという「2種類の処置」を受けることができます。

 

名前だけ聞くと似たような印象を受けますが、実はこの2つには大きな違いがあります。

 

今回はそんな「ホワイトニングとクリーニングの違い」についてわかりやすく解説します。

 

ホワイトニングは歯の漂白

当院でも受けることができるホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素といった「漂白剤を用いる処置」です。

 

漂白とは、衣類に付着したしつこい汚れを落とすあの漂白とほぼ同じと考えて問題ありません。

 

それを歯質に対して作用させることで、エナメル質内部に沈着した汚れを「化学的に分解、除去」します。

 

これが行えるのは、歯科医院で受ける歯のホワイトニングのみといえます。

 

クリーニングは歯の表面のお掃除

クリーニングは、歯の表面に付着した汚れを機械的に取り除く処置です。

 

専門的には「PMTC(ピーエムティーシー)」とも呼ばれ、電動のブラシを用いて歯をピカピカに磨き上げます。

 

そうすることで着色の原因となっているステインをきれいに除去することが可能です。

 

ただし、あくまで「表面のお掃除」をしているだけなので、ホワイトニングのような歯の漂白効果は見込めません。

 

つまり、歯の内部に沈着した汚れはクリーニングで落とすのは不可能です。

 

重度の着色にはホワイトニングが有効

タバコのヤニなどによる歯の変色や着色にお困りであれば、ホワイトニングがおすすめです。

 

重症度の高い着色」でも、ホワイトニングであれば改善することが可能だからです。

 

着色が気になっていて、白い被せ物を装着しようか迷われている方も、「まずはホワイトニング」を試してみることをおすすめします。

 

まとめ

このように、ホワイトニングとクリーニングには根本的な違いがあります。

 

その違いを理解した上で、最適といえる治療法を選択しましょう。

 

ただ、クリーニングというのはステインを除去すると同時に、虫歯や歯周病のリスクも低下させることができるので、ホワイトニングといっしょに受けることでメリットも大きくなりますよ。

 
Warning: Undefined array key 0 in /home/users/1/viscadomain-9/web/taniguchi-shika.jp/blog/wp-content/themes/original/single-column.php on line 133

Warning: Attempt to read property "count" on null in /home/users/1/viscadomain-9/web/taniguchi-shika.jp/blog/wp-content/themes/original/single-column.php on line 133